inventory blog

英語・旅・マイルをメインに気が向くままにつづっています。

伊達政宗公が眠る瑞鳳殿へ向かいました。
今年、仙台を観光しようとすると必ず雨が降っているのです。(T_T)
ですがこの日はタイミングよく、ちょうど雨上がりに訪れることができ、緑が瑞々しく気持ちのいい観光になりました。

瑞鳳殿へ向かうには、急な坂道を少し登ったところからさらに70段ほどの階段を登ります。


紅葉が残っていました。



仙台観光バス「るーぷる」で巡ると、大人1名600円の入場料が450円になりました。
券を買うとさっそく目の前にある正門「涅槃門(ねはんもん)」をくぐります。



涅槃とは、煩悩を取り去った悟りの境地、広くは死をも意味するとのこと。こちらの門は樹齢数百年の青森ヒバを用いて再建されています。この門の先にあるのが、正宗公が眠る瑞鳳殿です。(上の画像は、瑞鳳殿側から撮影)



伊達政宗公は、ホトトギスの初音を聞くために、自分が亡くなった際はこの地に墓所をつくるよう家臣へ伝えたとか。



上から瑞鳥(ずいちょう)、飛天、鳳凰の彫刻が施されています。



四隅の柱には獅子の頭が。



瑞鳳殿の両脇にある、こちらは後を追い殉死した家臣を弔うためのもで、人数分あるのだそう。

順路を辿ると、二代目藩主忠宗公の感仙殿、3代目藩主綱宗公の善応殿へと続きます。








帰途につきます。下りも急な坂道です。

帰りに瑞鳳寺によると、うれしいプチサプライズがありました。



プチサプライズその1
木の幹の後ろ側に小さくたたずんでいるこちら。きっと気づかないで帰っちゃう人が多いはず。
見つけただけで幸せな気分に。


その2
降り注ぐ太陽のしたに、美しい紅葉が。ちょっと神秘的な空間。



その3
ねこちゃん発見!警戒度マックスなので、スマホのズームを上げて撮影に成功。決して目を合わせません。(笑)この体はおいしいものを食べていますね。野良さんではありませんね。


しっとりと落ち着いた、独特の空気を感じる場所でした。

ドコモから楽天モバイルへ移行して約2ヶ月が経過しました。

移行するまでずいぶんと悩んでいたのはドコモのメールアドレスが使えなくなるからでした。にもかかわらず踏み切ったのは、以下の3点が主な理由です。

1 他のメールで代用する。

2 ラインをインストールする。今までラインを使っていませんでした。ですが人とのつながりを絶たないように、今回インストールしました。(逆に以前からラインをしていた多くの人にとっては、私へラインが遅れないことで手間をかけていたのかもしれませんね。)

3 メッセージ機能が使えるから思い切れました。ガラケーの人とはこちらでやり取りできています。電話番号しか知らない人もこれで何とか。

移行するときにポカをしまして(以前のつぶやき)自分の要望なら通話SIMが必要なのに、データSIMを買ってしてしまいました。(ド天然です。)そのせいで一瞬電話が通じない羽目に・・・。

あわてて通話SIMを購入し直し、再び手続き開始という要領の悪い流れになりました。そのせいで2ヶ月間2つの契約が発生し余分にお金を払いましたが、今現在、ようやく落ち着きつつあります。

3G契約をしたため動画はほとんど見られませんが、おかげで無駄にスマホを眺める時間が減りました。ギガ数を変えたいときもクリックひとつでできます。(使い放題などのプラン自体の変更は新たに申し込む必要があります。)

もともと通話機能はあまり使わない方でしたから、通話し放題はつけませんでした。なので、3G使用料に加えて通話料が細かく加算されていますが、それでもこの2ヶ月間の支払いは、月々2千円程度で済んでいます。ドコモ時代は月々6,000円~7,000円の支払いをしていましたから、年間使用料で考えたら、めっちゃ節約になっています。

移行するときはwifiがある環境が必要になります。完了するまではストレスでしたが、やってみるとなんてことなかったというのが感想です。(私のような注文ミスをする人はかなり少ないと思われます(^^A)。なんと言っても、毎月の請求額に納得できるとストレスもなくなったとう点が大きいです。


※eggs'n things のアーリーバード。エッグスラット狙いでこちらのメニューをチョイス。

2017-11-24-10-02-35

先日泊まったホテルが、ちょっと素敵でした。


予想よりも大きな立派なホテルです。広瀬通りにあって仙台駅からも近く国分町もすぐです。

またの名を美術館ホテル。


正面のエントランスでは金剛力士像がお出迎え。

ロビーに入ると…



とくに国にはこだわっていない様子。


客室は普通でした。


こうしたテーブルと椅子が置いてあると格調高く感じられます。


狭いのですが、気持ちがいい客室でした。


水圧も強く高くシャワーも使いやすかった。🚿

キーホルダーがインパクト大です。この形も何かの美術品を模しているの?


企業努力している老舗のような、そんな感じ。フロントスタッフも、こちらを待たせないように先回りしてくださり、気持ち良いサービスでした。

天気のいい日曜の朝。

気温が下がり、外の空気にも緊張感を感じます。(北東北は雪ですね)そんな今朝の朝食は上島珈琲店でした。


野菜、卵、肉も入ったプレート。
ふわふわの厚切りトーストが食べやすい。また、こちらの看板メニューである黒糖ミルクコーヒーがセットドリンクで選べるのも嬉しい。計650円也。

日頃はドトール派です。
店舗数が多いし、安いし、ほぼ毎回席が空いていて、勉強場所を確保できるから。最近すっかり上島珈琲店に傾いているのは、SPGカードのキャッシュバックキャンペーンに登録したから。

※事前登録制です。

イベント招待とか◯泊目は割引とかそんなサービスより、こうした庶民派なキャンペーンの方が乗れます。

因みに最近、ビューカードも作りました。この話はまた。

嬉しいキャンペーンがやって来ました。


今までも5泊目無料キャンペーンなどいくつかのキャンペーンが来たのですが、ちょっと手を出せないものがほとんどでした。f^_^;

が、今回は違います🎶


12月29日までOKなら、冬のボーナスを投入するのもありですね。(因みにわが社は年俸制…)

例えば9000スターポイントを購入し、これをブリティッシュエアウェイズのマイル(BAアビオス)へ交換します。すると同じワンワールドに加盟しているJALで、国内を往復できるマイル数に相当します。因みに9000ポイントをこのキャンペーンで購入すると金額は23,400円弱(1ドル114円で換算)。遠くの国内旅行に使うとお得です。

さらにSPGカードの通常特典で、20000ポイントをマイルに変えると、さらに5000マイルが追加でプレゼントされます。下をご覧ください。


22000ポイントをBAアビオスに変えたところ、ボーナスがついて27000アビオスになりました。こうなるとますます1ポイントの価値が高まります。

私生活では、すでに飛行機で出張をすることはなくなり、すっかり電車がメインです。こうなると、ビューカードも気になるところです。でも、貯まったポイントを何に変え、1ポイントの価値がどれだけなのか。ここを踏まえるとSPGカードには捨てがたい魅力があります。(年会費高いけどw)

↑このページのトップヘ