inventory blog

英語・旅・マイルをメインに気が向くままにつづっています。

青森駅からまっすぐ伸びる新町通よりやや海側に入ったところにあるこちら。


レトロな看板が目印のマロンです。カフェというより喫茶と呼びたい。

目印の看板のところから、細い階段を登って二階に向かいます。建物はこんな感じ。



ドアを開けるとびっくりの素敵空間が広がります。


アンティーク時計がたくさん。マロン独特の時間が流れています。


コーヒーも美味しいですが、名物のキーマカレーや昔懐かしい感じのナポリタン、フルーツパフェなどオススメしたいお食事メニューがたくさん。

この日は サンドウィッチが食べたくて、野菜にしようか卵にしようか選べずにミックスサンドを注文しました。


ミックスサンドってこういうこと?ちょっと予想外でした。(^_^;)

ねぶた祭りが始まる青森。観光の合間にオススメしたい休憩スポットです。(^_^) 

※追記

前回注文したキーマカレー画像発掘。

今月滞在したリッチモンドホテル青森がとっても快適で、テンション上がりました。

全国一緒なのかもしれませんが 、施設はもちろん気遣いも爽やかで良い距離感でした。

広いツインにアサインされています。アップグレード?入り口付近のクローゼットが大きくてスーツケースも置けます。

2017-07-01-21-47-13

シャワールームも広々。

2017-07-01-21-47-38


2017-07-01-21-47-55

テレビとベッドの間が広いのですいね。贅沢なレイアウト。

2017-07-01-21-48-28

ベッドも広々。

2017-07-01-21-48-55

リッチモンドホテル、すっかり気に入りました。機会があればどこかのプレミアムにも宿泊してみたいです。

基本だから知っていると思い込んでいた単語に、思わぬ意味がある場合もある。

知っている意味をあてはめて、解釈できているという思い込み。そこが難問であることにすら、気づくことができない。

わずかな違和感を押し殺し、スルーしてしまう雑な予習を反省。

まだ私の予習は、先生が求める域に達していない。

こんなことに今頃気付いたけれども、次のレッスンがもう進級テストの日。

あと1週間の悪あがきをします。

※ランチで入ったレストランの席が、予想以上に勉強向きで長居。





繁忙期というトンネルを抜け、また平常運転に戻れそうです。

その間、ちょっと通訳スクールを休んでしまいました。

休んでいる間も教材だけはいただいていましたが、それをこなす時間を捻出できませんでした。不十分な復習しかできず、予習もイマイチ。半分鬱になりながらの久しぶりの登校です。(;´д`)

にも関わらず、久しぶりに お会いした先生やクラスメイトはとても暖かかったです。

(この辺りは通訳、翻訳コース手前の語学準備コースだからかもしれません。通翻コースならもっと厳しい授業で、置いていかれてしまうシビアな空気かなと想像します。)1つ変化があったのは、お仕事の都合で来られなくなった方がいたことです。すれ違いでお別れになってしまいました。少人数でも皆前向きに学ぶ雰囲気のいいクラスでしたので残念でしたし、仕事の都合で通えなくなることは私にも十分起こり得ることでもあり、不安もあります。

色々ありますがまた、スクールはパフォーマンスを見せる場との意識を持ち直し、しっかり勉強して臨む日々に戻りたいと思います。


※ 先生と同じものを揃えてみました。形から入っています。(笑)
 
2017-05-24-22-53-16

半年でワンクールの通訳スクールも6月が終了しました。

週に1回通訳スクールに通う日々にも慣れ、むしろ生活に張りが出てきました。一週間が経つのが本当に早く感じられます。自習課題をこなす時間をなんとか工面し、隙間時間でなんとか間に合わせていると、あっという間に次のレッスン日がやってくる感じ。あわただしいけど充実感もあります。

不安もあります。

まずはお金のこと。ちょっと交通費もかかっています。地元の英会話スクールへ通っていたころの費用をオーバーしています。もうひとつは、自分のこと。将来今の仕事を退職したら英語で自立したいと思っていて、本気で通っています。50代から60代で人生新たなスタートをしようと準備をしているわけですが、ただの英語ができるおばあさんになってしまうのではないかという漠然とした不安が付きまといます。つまりは、こんなに自分に投資して意味はあるの?大丈夫なの?ということ。

先日は、スクールの帰り道で先生に声をかけていただき、少しお話しすることができました。現在翻訳兼講師である先生もかつては同じ不安を感じていたことを聞いて、じんわりと励みになりました。今はまだ新鮮な気持ちで勉強を楽しんでいますが、スクールで進級したら、レベルの高さに辛くなり不安も増大する時期がやってくるかも知れません。そんなときに、先生も同様に不安を抱えた時期があったことを思い出そうと思います。

肝心なレッスンはとても充実しています。意識の高い仲間と勉強していることも続いている理由かもしれません。皆さん熱心で前向きで本気です。また、クラスメイトがいることで、自分の強み・弱みがわかります。構文の分析が弱いなとか、リスニング力が劣るなとか、よい意味で比較でき、自分を知ることができます。

今週は、仕事でレッスンを欠席してしまいました。もったいない!
本当に仕事をなんとかやりくりできなかったのかしら?

今までなら当たり前だしどうしようもないこととあきらめてこなしていた残業にも、こうして問題意識を持つようになりました。これもひとつの変化でしょうか。

久しぶりにスクールのHPを開くとサマーコースのお知らせがアップされていました。ショートコースで試してみたり、秋からどうするかサンプルレッスンを申し込む時期ですね。私は進級のためのテストへ向かう時期というところですね。



                   ※札幌の月見想珈琲店にて

2016-11-24-12-26-22



↑このページのトップヘ