※2012-2013パリ旅の元旦
ブリュッセル編です。

パリからブリュッセルへ旅してひしひしと感じていたこと。
何気なく存在する地域の生花店のブーケが安くておしゃれであること・・・。特に薔薇の安さ。
例えばこちら、ブリュッセルの駅にある花屋さん店頭のブーケです。€20。この旅で目に留まった中では高いほう。

IMG_0311

買わないのでさすがにバシバシ撮影するわけにはいかなかったのですが、店内に個別に売ってる切り花がとっても安いんです。日本だと流通過程の違いなのか、消費者に届く頃にははなんだか高くついてしまう。花束はまだまだ特別なものという認識も残っているように思います。送別や記念日で渡すような。画像の店頭の花束だって、送別会などで渡して申し分ないレベルだと思う。これをベルギーの人は、帰宅ついで自分の家に飾るためにさくっと買って帰ってる、そんな感じでさりげなくレジへ持って行く人たちを見かけました。お花が身近にある生活、素敵です。