★デジカメ動かなくなる(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
旅の後半にデジカメが壊れてしまいました…。ブログにアップした以外にももっといろんな遺跡を見ました。ホテルのスタッフさん、トゥクトゥクのお兄さんとの写真もありました。マーケットや町並みの写真もありました…とっても残念。
こんなこともあるのだから、旅先での出会いや感動はちゃんとSDカードよりも心に刻まなくては。そもそもプロのカメラマンではないのですから。

★ATMは銀行で
海外での支払いはカードが便利ですが、シェムリアップの観光ではマーケットで買い物したりトゥクトゥクの運転手さんに支払いをしたりと、予想以上に現金が必要でした。(ものに値段はなく、価格交渉から入ることも多々ありました。)現金を引き出そうと街のATMにカードを挿入したところ、出てこなくなってしまいました。(ちょっと古そうなマシーンだとは思ったのです)こんな時、銀行内であれば、すぐに助けを呼べたのかもしれません。結局どうしたかというと、

付近のネットカフェ入る
ネットでカード会社の連絡先を確認。
受付のお兄さんに事情を話し、近くで電話できないか尋ねる。
好意でお兄さんの電話を借りる。(←たまたまよい人でラッキーでした。)
カード会社に使用を停止してもらい、お兄さんにチップを渡す。
翌日、銀行で説明する。

とまぁ、金銭面での被害が出ずにことなきを得ました。しかしカードは戻ってきませんでしたから、自分の名前が入ったカードを現地においてきたことになります。σ^_^;

★チップ強要
ある観光地で現地にいるガイドさんに案内してもらいました。一人で歩いていたら気づけなそうないろんなところを教えてもらい、写真を撮ってもらい、足元が悪い時は心配してもらい、手を引いてもらい、素晴らしいガイドさん。最後に3ドルのチップを渡すと、「少なすぎるだろ」と表情が一変し危険を感じました。足元が悪くど突かれたらちょっと危険な場所です。結局合計5ドル払いました。問題は金額というより、素晴らしい観光地だったのに極めて後味悪く終わってしまったことです。最初から価格を交渉しておくべきでした。(制服を着ていることに職員によるサービスだと思い込んでしまいました)

色々ありましたが、自分の中でもう一度行きたい観光地No. 1です。(╹◡╹)

2016-06-12-16-10-37