今期のレッスンが始まりました。

準備コース3の内容は、英語学習コースというより通訳そのものでした。

この辺りはスクール内でも先生によってかなり異なるのかもしれません。

そんなにリスニング力も語彙力も無いから困る…

という自分と

通訳体験ができて嬉しい自分がいます。

リスニング力、語彙力なんてどんなに高まっても足りないのでしょうから、こうしてさっさと通訳トレーニングに入るのもありなのかもしれません。(荒療治とも言うw)

コースと先生が変わって通訳体験ができる代わりにレッスンで消化する英語のインプット量がガクンと減りました。宿題も減りました。

その分のんびりしちゃっているのですが…ここをどのくらい自分で補うかが大事なのだと思います。

そして通訳体験をしたら、ノートを縦に使う必要性を感じるようになりました。

通訳っぽい…ちょっと嬉しい。

※タイムリーにこんな本を見つけました。