前回の記事で、ケンブリッジ英検(CAE)に、27,000円支払ったと、とほほな事実を書きました。


上記のサイトから申し込みました。

ところが受験後の今、新たな事実を見つけてしまいました。( ̄O ̄;) 他にいくつか、ケンブリッジ英検の試験会場として認可されている団体があるようです。例えばこちらです。以下、HPからです。


こちらから申し込むと、22,140円で済むじゃないですか…。_| ̄|○

 しかも、紙ベースとコンピュータベースがありました。

例えば、紙ベースのライティングは、時間内に2つのエッセイをペンで書き上げなければなりません。私は間違いは二重線で消しました。しかしコンピュータベースなら、おそらく修正ができますね。文字カウントも一気にできるなら、さらに助かります。文字数をカウントする時間を少しでも、論理の構成や英文の読み直しに使えそうです。


こちらも東京会場です。

試験の主催団体が複数あり、同じ級(レベル)であっても受験料までが異なります。次回受験する際は、比較検討が必要です。