試験結果がホームページで閲覧可能となりました。自分でもちょっと(わるい意味で) ここまでとは思っていなかった部分も。



リスニングが、測定範囲外に。(T_T)

ちなみに受験後にまとめた記事を引用すると・・・

13:00 – 13:40  Listening
昼食を終え、リスニングへ。TOEICなら私にとってはリーディングよりも得点源になるところです。もともとイギリス好きですし、8月にイギリスへ行ってからもイギリス英語をあえて聞いていますし、音への抵抗はないと思っていました。が、今回一番失敗したのがリスニングでした。(T_T)
リスニングは全て終了後に数分間時間が与えられますので、記述式の問題などの回答を後回しにできます。この辺りの要領が悪く、時間を効率よく使えませんでした。また、1つのお題から複数回答する(しかも解答欄も連続していない)タイプの問題でミスしました。ミスしたというと、他の問題はもう少しイケているみたいですが、これがぜんぜんです。音が速いのではなく表現そのものがピンときませんでした。インフォーマルでイギリスではよく使われている表現が多用されていたのでは、と想像しています。まずは、公式本のスクリプトを精読したいと思います。(※後日書き換えをしています。)

 
自業自得ですね…。
でも、これが初めて受けた試験結果がですし、B2レベルは認められていることですし、ここがスタートと捉えたいと思います。次は、最低でも公式本を一冊やり切って精読してからトライしよう。良かったのはスピーキングのみギリギリC1レベルへ突入していることです。C1レベルってどんな世界かを一部でも体感できていることは今後のモティベーションにもつながります。(^_^)