inventory blog

英語・旅・マイルをメインに気が向くままにつづっています。

カテゴリ:★旅行 > ∟宮城

伊達政宗公が眠る瑞鳳殿へ向かいました。
今年、仙台を観光しようとすると必ず雨が降っているのです。(T_T)
ですがこの日はタイミングよく、ちょうど雨上がりに訪れることができ、緑が瑞々しく気持ちのいい観光になりました。

瑞鳳殿へ向かうには、急な坂道を少し登ったところからさらに70段ほどの階段を登ります。


紅葉が残っていました。



仙台観光バス「るーぷる」で巡ると、大人1名600円の入場料が450円になりました。
券を買うとさっそく目の前にある正門「涅槃門(ねはんもん)」をくぐります。



涅槃とは、煩悩を取り去った悟りの境地、広くは死をも意味するとのこと。こちらの門は樹齢数百年の青森ヒバを用いて再建されています。この門の先にあるのが、正宗公が眠る瑞鳳殿です。(上の画像は、瑞鳳殿側から撮影)



伊達政宗公は、ホトトギスの初音を聞くために、自分が亡くなった際はこの地に墓所をつくるよう家臣へ伝えたとか。



上から瑞鳥(ずいちょう)、飛天、鳳凰の彫刻が施されています。



四隅の柱には獅子の頭が。



瑞鳳殿の両脇にある、こちらは後を追い殉死した家臣を弔うためのもで、人数分あるのだそう。

順路を辿ると、二代目藩主忠宗公の感仙殿、3代目藩主綱宗公の善応殿へと続きます。








帰途につきます。下りも急な坂道です。

帰りに瑞鳳寺によると、うれしいプチサプライズがありました。



プチサプライズその1
木の幹の後ろ側に小さくたたずんでいるこちら。きっと気づかないで帰っちゃう人が多いはず。
見つけただけで幸せな気分に。


その2
降り注ぐ太陽のしたに、美しい紅葉が。ちょっと神秘的な空間。



その3
ねこちゃん発見!警戒度マックスなので、スマホのズームを上げて撮影に成功。決して目を合わせません。(笑)この体はおいしいものを食べていますね。野良さんではありませんね。


しっとりと落ち着いた、独特の空気を感じる場所でした。

先日泊まったホテルが、ちょっと素敵でした。


予想よりも大きな立派なホテルです。広瀬通りにあって仙台駅からも近く国分町もすぐです。

またの名を美術館ホテル。


正面のエントランスでは金剛力士像がお出迎え。

ロビーに入ると…



とくに国にはこだわっていない様子。


客室は普通でした。


こうしたテーブルと椅子が置いてあると格調高く感じられます。


狭いのですが、気持ちがいい客室でした。


水圧も強く高くシャワーも使いやすかった。🚿

キーホルダーがインパクト大です。この形も何かの美術品を模しているの?


企業努力している老舗のような、そんな感じ。フロントスタッフも、こちらを待たせないように先回りしてくださり、気持ち良いサービスでした。

今年の夏はホテルで2泊し、のんびりと過ごしました。
2度目のウェスティンホテル仙台です。

一度目の客室レポはこちら
スパのレポはこちら

2泊+スパというリッチなプラン。せっかくSPGカードでウェスティンへ宿泊するのですから、新たなホテルを体験してもよかったのですが、スパをはずせなかった分ら交通費で節約した形です・・・。

前回はツインでしたが、今回はダブルへアップグレード。一人旅ですので、こちらのほうが嬉しい。


このスペースが気に入りました。イスの色が好みです。


デスクがちゃんとあります。(前回のツインルームでは丸テーブルでしたから、これは嬉しかった。)英語の教材を持ってくればよかったぁ〜っと、ちょっと悔やみました。(とは言っても、いざ持ち込むとやらない気もしますが・・・)


大きなテレビと、広いスペース。


お茶と物置スペースもゆったり。


コーヒーはフレンチプレスで飲むことができます。


バスルームも広々として快適です。


ウェスティンのアメニティって不思議ですよね。ボディクリームはありますがスキンケア系はないのです。ローションや乳液は持参する必要が。


この部屋で二泊。
残念ながら雨が降りっぱなしの悲しい天候でしたが、だからこそホテルを充実させて正解でした。

2日目の朝は客室で優雅に朝食をいただきました。こちら、ビュッフェと同じくらいのお値段でしたからトライ。人生初めてのルームサービス!



高層階から景色を眺めながら。


うん!また、お仕事頑張ろうっ(╹◡╹)


英語学習にカフェは欠かせません。(←家で勉強できない子です。)

しばらくドトール派でしたが、最近またスターバックス派に戻ってきました。スタバの珈琲って私には濃いのですよね。でも、あの空間が好きで、いろいろ含めると暫定1位です。

これまで眺めるだけだったタンブラーを購入。(主にアイスコーヒーの携帯用に。)ときどき眺めては迷っていたタンブラーですが、結局スタンダードなこちらへ。

2017-07-01-23-11-05


・壊れにくそうな蓋
・手ごろな大きさ
・飽きのこないデザイン

堅実な選択です。タンブラーを購入するとドリンク無料券が一枚貰えること、初めて知りました。ちなみに一日のうちにドリップ珈琲を2度注文すると2度目が100円になることも、ついこの前気づきました。


この春から仙台出張が増えています。仕事の前後に仙台駅前のこちらでちょっと勉強や仕事の準備をするのがお気に入りです。

2017-06-24-08-13-20


この広いテーブルが好き。

2017-06-24-08-13-44


2015年夏の蔵出し記事です。
この夏の仙台ショートトリップ。第一の目的はこちら、ウェスティンホテル仙台のスパにありました。スパの受付は26階の奥にあります。

宿泊無しのスパのみの利用で、事前に電話で予約をしました。
初めての利用でコースを決めかねていましたので、電話では大まかな時間と希望を伝えて、当日にメニューを見て説明を聞きながらコースを決定する形になりました。(この時の宿泊は別のホテルでリーズナブルに抑えましたので)フェイシャル&ボディの組み合わせで約2時間コースで奮発!

2015-08-14-11-15-56
 
スパ内の専用エレベーターでひとつ下の階へと降り、リラクゼーションルームで、ウェルカムドリンクをいただきます。

2015-08-14-11-19-50


晴れていると蔵王連邦が見渡せるのだとか。あいにくの曇り空でしたが、充分感激させてくれました。

2015-08-14-11-20-59
 
思わず近づいて見下ろします。

2015-08-14-11-19-30
 
次に案内された更衣室は共同スペース。快適です。

2015-08-14-11-34-57

担当のセラピストさんはは若い方で、マッサージはとても上手でした。圧がしっかり深くまで届いてすっきりでき、強めの細いタッチが好みでした。

2015-08-14-13-52-42

施術後セラピストさんに、私の肩こりは1、2位を争うレベル、と言われてしまいました。
毎日さまざまなお客様にマッサージしている方にこういわれてしまう私の肩っていったい・・・。。゚(゚´Д`゚)゚。
 
2015-08-14-13-52-56

施術後に再び更衣室へ。
ローズヒップのコーディアルをホットで頂きました。

2015-08-14-14-04-25

ドイツのブランド、ビオマリスのスキンケアです。エステのメニューにもありましたが、ここでも試すことができました。

2015-08-14-14-05-39

こういうスッキリした機能的なインテリアが好みです。

2015-08-14-14-04-50

2015-08-14-14-16-47

最後にビオマリスの乳液をお土産にいただきました。レギュラーサイズで、びっくり。乾燥肌の私には嬉しいプレゼントでした。

★ウェスティンホテル仙台宿泊記事はこちらへ。

ゴールデンウィークの幕開けですね。素敵な時間をお過ごしください。

↑このページのトップヘ