inventory blog

英語・旅・マイルをメインに気が向くままにつづっています。

カテゴリ:★つぶやき > ∟読書

勉強するぞ!と意気込んで図書館へ行くも、読書三昧をしてしまいました。

それも図書館の本ではなく、書店で購入した新刊を2冊も図書館で読破です。(-。-;
もう、こうなってくると知的好奇心なのか逃避なのか微妙なところです。

ですが、読んだ本は当たりでした。

FullSizeRender

読後は、自分では言葉にならない思いや不安などの曖昧な部分を言葉で整理してもらい、その先まで垣間見たような気持ち。特に、

信仰心
趣味性と遊び
ワークアズライフという捉え方

この3点には共感するものがありました。

時々、通訳学校に時間とお金をかけている自分に不安になることがあります。今もそんなタイミングです。上のコースにあがるほどに先が果てしないことを痛感し、それどころか次回までの宿題すら間に合わせられるか不安です。新しい講師やクラスメイトについていけるのか…あげるときりがない。
全部自分が望んで決断したことなのに、こんなにも不安です。

でも自分の考えていることのベクトルは間違っていない、そう思える本で、示唆に富んでおり、再読したい一冊でした。



今期のレッスンが始まりました。

準備コース3の内容は、英語学習コースというより通訳そのものでした。

この辺りはスクール内でも先生によってかなり異なるのかもしれません。

そんなにリスニング力も語彙力も無いから困る…

という自分と

通訳体験ができて嬉しい自分がいます。

リスニング力、語彙力なんてどんなに高まっても足りないのでしょうから、こうしてさっさと通訳トレーニングに入るのもありなのかもしれません。(荒療治とも言うw)

コースと先生が変わって通訳体験ができる代わりにレッスンで消化する英語のインプット量がガクンと減りました。宿題も減りました。

その分のんびりしちゃっているのですが…ここをどのくらい自分で補うかが大事なのだと思います。

そして通訳体験をしたら、ノートを縦に使う必要性を感じるようになりました。

通訳っぽい…ちょっと嬉しい。

※タイムリーにこんな本を見つけました。

ヨガを終えて、まったり読書をしています。


『語学で身を立てる』

英語のみならず、フランス語やイタリア語を始めとする多言語の素養がある猪浦道夫さんの著書を読了。

現実に即した実用的なアプローチで書かれています。筆者の体験談なども含みますが、エッセイ風ではなく論理的です。学習メソッドから起業までざっと網羅。偶然図書館で見かけましたが、当たりだったと思います。

そのほかに現役通訳者の著書2冊購入。自己啓発ばかりでちょっと勉強が進んでいませんね…。

ところで、前のブログで10月コースの契約を迷っていると書きました。
 

あの後どんどん思いが固まり、今では継続すると決心がついています。ですからスクールがないこの時期に、錆びついている訳にはいきません。💦

以前から、この時期には半年間勉強してきた教材から単語リストを作ろうと思っていました。

まずは教材の整理から。


幅5㎝はありそうなバインダーがこんなになりました。(^_^;)

スクールが始まるとまた忙しくなります。じっくり復習なんて今しかできないかもしれません。

最近は、お金に関する本を読んでいます。
読んできた10冊弱の本は、主に2つに分類できます。投資に関する実用書と、心の持ち方に関する啓発本です。私はどちらかと言うと後者が気に入っていました。前向きでモチベーションが上がる物が多く共感する点も多めです。そんな時であったのがこちらの本💁 


かなり分厚いのですが、平易な言葉で率直に語るのでさらさらと読めます。たくさんの書籍を参考文献とし、多くのお金持ちに取材しています。この本のおかげで、もうこの手の啓発本はしばらくいいかなと、お腹いっぱいになりました。

ま、そんな私の最強貯蓄法はこんな感じですけどね〜ε-(´∀`; )


旅好きです。


はめると取り出しにくいのが難点w

村上春樹作品に流れる、謙虚で前向きな生き方に共感できるなら、きっとこちらも好きになれると思います。自伝的エッセイのような形で、小説よりストレートに述べています。

人生って思い通りにいかないなと思っている人へ。

老化や死について考え始めた人へ。

生涯走り続けたい人へ。
 

↑このページのトップヘ