inventory blog

英語・旅・マイルをメインに気が向くままにつづっています。

タグ:シテ島

※2012-2013年末年始パリ旅の記事です。

最後の夜をもう一度シテ島で過ごしたく、地下鉄で向かいました。シテ島とは、ちょうどセーヌ河の中州にあたります。

夜の9時過ぎ。

「一軒くらいはまだ開いてるお店あるでしょ♪」

いつもながら大雑把で適当な自分です。なんとかたどり着いたのが橋の近くのカフェレストラン。
数ヶ国語のメニューを揃えています。どうみても観光客向けですが、地元の人たちも来ている雰囲気です。ここに決めました。端の席へ向かう私に、ギャルソンが正面を見渡せる暖かい席を薦めてくれます。

IMG_0346

赤ワインにチーズを頂きながらのんびりとシテ島の夜の雰囲気に浸りました。
チーズの種類が多くて嬉しい。いろんなチーズをちょっとずつ食べたくて、思い切って盛り合わせを注文してみたら、
一つ一つが大きかったという誤算。(^_^;) ほどよく酔いながら、パリでの一週間を振り返りました。


ギャルソンがドアの外に交代で立っています。
怖いお兄さんたちが来店しようとした時、ドアの外でしっかり断ります。こうして店内のいい雰囲気を維持してくれる。ギャルソンの仕事、徹底しているなぁ~と思いつつ、平和に思えるシテ島の夜の意外な一面を見てしまい、退散することにしました。


宿へ着いたのは夜12時を過ぎでした。ちょっと夜更かししすぎでした。(-。-;


※2012-2013のパリ旅の続きです。

シテ島を観光して、ここに行かないわけがありません。ノートルダム大聖堂です。

到着したのは昼過ぎでした。
近づくとすでに予想以上に長い行列が・・・大聖堂前の広場を過ぎ、交差点を超えて隣ブロックへと伸びていました。ここは、一日の最初に訪れるべき場所でした。甘かった・・・。

結局、1時間30分ほど並びました。その間、前後のアメリカ人や中国人とおしゃべりしたり、ガイドブックを読んだりして時間つぶし。さらに、並び続ける私たちを楽しませてくれたのは、こちら♪

IMG_0276

そうこうしていると、いよいよ入り口へ。

IMG_0274

「フランスの守護聖人である聖ドニ(サン・ドニ)の逸話である。伝説によると聖ドニはモンマルトルで斬首されたが、首を刎ねられてもすぐには絶命せず、自分の首を持ってパリ郊外のこの地まで歩き、そこで倒れて絶命したとされる。」(ウィキペディアより)

IMG_0275

内部へ入るとすぐに新たに別の行列が見えてきました。
何目的の列かわからないけど、とりあえず並んでみることに。(どうも行列があると、いいものに違いないと思い込み並ぶ習性が備わっているみたいですw)

するとまた、螺旋階段ですw。
よくわからずに並んだ行列が展望台行きで、気づいたときには列から外れられず結局登ってしまう、というこの展開。この旅で度目です。とほほ。(一度目はこちら

しかしそのおかげでまた絶景と出会えた。

考える人"と言われる"キメラ" 。こんな絵葉書みたいなアングルで見れます。キモカワ。

IMG_0277

前方にセーヌ河が延びています。

IMG_0278

別の方向を。

IMG_0279

展望台を降りて、ようやく内部へ。
厳かな雰囲気が深く心に染みました。

IMG_0280

IMG_0281

IMG_0282

IMG_0283

浄化されるというのでしょうか…。


この雰囲気に浸りたく、一度出たその日のうち再び訪れると、幸運にもミサを見学できました。

IMG_0284

IMG_0285

IMG_0286

シテ島。素敵過ぎます。(およそ5年経った今もすっごく心に残っている)

ミサの後の帰り道、偶然見つけたストール専門店で買い物をしました。年末年そのパリは肌寒く、首元を温めたくなりました。夜遅くなりましたが、辛うじて開いているお店を眺めながら歩くのもまた楽しい。

寒さと空腹で、散歩中に見つけたサロン・ド・テへ。
とりあえずクレープを注文。

IMG_0287

お値段高めでしたので、警戒していましたが、やっぱり・・・。
ボュームがありすぎて、結局これが夕飯になってしまいました。(笑)

帰り道は遠回りしながら散策しました。
対岸からその美しさにひきつけられてしまったパリ市庁舎へ。人ごみの内部はスケートリンクでした。

IMG_0288

パリ市庁舎といえばこちらですよね。

IMG_0290

ロベール・ドアノーの有名な作品。(この作品の大き目のポスターが欲しいなと、それくらい好き)

市庁舎の横にはリボンのイルミネーションがかわいいホテルが。
IMG_0289

シテ島から市庁舎周辺を堪能し、感動しまくりの1日。
宿泊しているボロボロの安宿へ戻りたくないw。

※2012-2013年末年始のパリ旅、続きです。

2日目は、セーヌ河の中洲であるシテ島を巡ります。

最初に訪れたのは、コンシェルジュリー
ここは、当初のプランには入れていなかった場所ですが、前日のセーヌ河クルーズの音声ガイダンスを聞いて、興味が沸いてきた場所。宮殿から監獄として使われるようになり、マリー・アントワネットが、コンコルド広場で処刑される直前の2ヶ月あまり滞在した場所としても知られています。その様子を再現した部屋もありました。内部は、パネル展示スペースと、蝋人形を用いた再現スペースに別れています。こちらは入り口から撮影。


IMG_0184

展示以上に建築が素晴らしい。高い天井とアーチが印象的。

IMG_0265
↑私ではありません。^_^; 

コンシェルジュリーを出ると、すぐ横にあるサント・シャペルへ。

大人気のここには長蛇の列ができていましたが、進みが速く長く待たずにすみました。内部のステンドグラスは圧巻。ちなみに、ステンドグラスの絵は左→右、下→上の順で読んでいくそうです。

IMG_0266

IMG_0273

IMG_0267

IMG_0268

サンルイ島側へ歩きます。

途中寄り道して、ランチ。(何気ないカフェのパンがおいしくておいしくて・・・。笑)

IMG_0269


↑このページのトップヘ