inventory blog

英語・旅・マイルをメインに気が向くままにつづっています。

タグ:ブリュッセル

※引き続き2013年元旦の旅記事です。
グランプラス散策中、、、
少し足を延ばすと、 


この人ごみは何でしょう?(とりあえず行列と人ごみには吸い寄せられてしまう自分。)

目的の彼はふいに現れました。

IMG_0325

ちっさっ!

しょぼ・・・


人混みが無ければ、完全に通り過ぎてました。


IMG_0326


シンガポールのマーラインやコペンハーゲンの人魚姫と並び、世界3大がっかりに入れられちゃってるという彼。私の事前のリサーチでは、季節のイベントに合わせてさまざまな洋服を着こなしているという。もしかしたら年明けでしたがサンタクロースのコスプレくらいのサービスはあるのでは?と思っていました。(小便小僧 コスプレでググってみると

でも、そんな期待をあっさり裏切る彼。余計にがっかりさせてくれました。


余談ですが…
この日のブリュッセルは思いつきの日帰り旅行でしたので、地図も持たずにパリから来てしまいました。地下鉄の駅員さんに小便小僧へ行くための最寄駅を英語で質問したのですが、小便小僧は英語でなんて言うのでしょう?
 

「用を足している少年の像」


ではあまりに直球な表現だし、でも世界的に有名な彼だから、

「有名な少年の像のところに行きたいのですが、最寄駅はどこですか?」


という感じの英語で問題なくわかってもらえました。地下鉄マップを広げて英語でわかりやすく示してくれました。ちなみにALCの英辞郎によると、Manipin Piss と出てきます。そのままやん。(^_^;)



この後、無事にワッフルにありつき、ミッション達成です。


※2012-2013パリ旅、ブリュッセル編です。

2013年の元旦、パリから高速列車タリスにのり、ぶらりやってきました。 

馬でパトロール、ロンドンでもパリでも見なかった光景です。


IMG_0313


おおおお! グラン・プラス!?

ほんと、無計画に訪れています。かつてテレビで見て印象的だったグラン・プラスという大広場がベルギーにあるということすら忘れていました。偶然見つけちゃって興奮、そしてこんな有名な観光地すらインプットしないまま歩いている自分に呆れてしまいましたw。

偶然出会った世界遺産をしばしぼーっと見回します。

IMG_0314


大きすぎてファインダーに収まりませんw。

IMG_0315

元旦ゆえ、中には入れずとも心は踊ります♪ 元旦だからこその盛り上がりもあり、賑わっています。

IMG_0317

セルクラースの像。幸運を求めてなでる人が後を絶ちません。


IMG_0316


さて、お目当の小便小僧は、どちらに?

※2012-2013パリ旅の元旦
ブリュッセル編です。

パリからブリュッセルへ旅してひしひしと感じていたこと。
何気なく存在する地域の生花店のブーケが安くておしゃれであること・・・。特に薔薇の安さ。
例えばこちら、ブリュッセルの駅にある花屋さん店頭のブーケです。€20。この旅で目に留まった中では高いほう。

IMG_0311

買わないのでさすがにバシバシ撮影するわけにはいかなかったのですが、店内に個別に売ってる切り花がとっても安いんです。日本だと流通過程の違いなのか、消費者に届く頃にははなんだか高くついてしまう。花束はまだまだ特別なものという認識も残っているように思います。送別や記念日で渡すような。画像の店頭の花束だって、送別会などで渡して申し分ないレベルだと思う。これをベルギーの人は、帰宅ついで自分の家に飾るためにさくっと買って帰ってる、そんな感じでさりげなくレジへ持って行く人たちを見かけました。お花が身近にある生活、素敵です。

※2012-2013 年末年始のパリ旅です。

2013年 元旦 

パリ北駅です。

IMG_0318
 

空港や駅大好きな私には、いよいよ旅立つという興奮に包まれているこの雰囲気はたまらないです。(ちょっとマニアックですか?)

数年前にロンドンへ旅行したとき、ちょっとパリでも行ってみようか?とユーロスターでやって来たのがこの駅です。パリに着いたという気持ちと、どこに向かえばいいのか少し途方に暮れた懐かしい場所でもあります。また来れたという嬉しさも混じり、ちょっと興奮。2階から眺めるプラットフォーム。

IMG_0319

元旦のこの日、引き続きパリを歩いても観光名所やお店が閉まっているかもしれないと思い、ちょっと遠出することにしました。


ブリュッセルです。

2013年最初の朝、パリのボロボロなホテルのベッドの上で、決めました。相談相手は黄色い彼氏---地球の歩き方w。今後ベルギーを旅できることはないかもしれません。パリ⇔ベルギー間なら高速列車タリスで1時間30分程度だそう。もちろん、ベルギーだって元旦といえば主要な観光名所は閉館しているとは思いますが、国境を越え初めての国を散策できるだけでも楽しそうです。たとえシャッター街の散策になろうとも、小便小僧君に挨拶するくらいはできるでしょう?(まさかインドアじゃありませんよね・w)そして、ワッフルを食べられたら満足です♪


無計画ですので地図もガイドブックもなし。北駅でタリスの切符を買いました。駅員の英語がわかりやすくてホッとしたのでした。

↑このページのトップヘ